logo

なぜポルトガル?

親切で温かい国民性、美しい大西洋のビーチ、スペイン国境の山、そして文化的遺産を多く残す美しい街。 これが私たちがポルトガルをお勧めする理由です。 もちろんこれだけではありません。 ポルトガルはEUに所属する国の一つであり、永住権取得後はEU内のどこにでも住むことができます。 また居住ビザが比較的取りやすく、取得後の制約が少ないので、日本に住んだままでもビザ取得が可能です。 街の暮らしが好きな方、静かな山間の暮らしを楽しみたい方、美しい海を堪能したい方、それぞれのご要望に沿う場所がポルトガルならきっと見つかります。
ポルトガルと日本はヨーロッパ内でも最も長い友好の歴史を持っています。 室町時代の交易の名残で、ボタン、パン、たばこ、天ぷらなど私たちが日頃使用する日本語にもポルトガル語を語源とするものが多くあります。 豊富な海の幸を使用したカタプラーナ鍋料理など、日本人の口に合う料理も多く、食べ物の面でも全く心配ありません。 治安の面でも、世界で最も安全な国トップ20に入っています。 北ヨーロッパの人たちのバケーション先としてもとても有名です。
生活やレジャーを心置きなく楽しむため、ノマドワークの拠点として、ヨーロッパ移住の一歩として、ポルトガル移住を検討してみませんか?
私たちがお手伝いさせていただきます。

居住ビザを取得するには

日本人がポルトガルでの居住ビザを取得するにはGolden Visa Residence Program(ゴールデンビザ)がおすすめです。 このゴールデンビザには多くのオプションがありますが、不動産取得が一番の近道になります。 (詳細はこちら

● 500,000ユーロ以上の不動産購入
● 築後30年以上のリノベ案件の場合は350,000ユーロの不動産購入

居住ビザ取得後、最初の1年のうち7日間、その後は2年ごとに14日間ポルトガル国内に滞在する必要があります。 連続である必要もありません。 多くの国が1年のうちの半分や数か月の滞在を要件としている中、非常に対応しやすい要件になっています。
もちろんポルトガルに居住し、仕事をすることも可能です。 5年経過後、永住権に切り替えることもできます。 永住権を取得すると、ポルトガル内だけでなくEU内どこにでも居住できます。 購入した不動産は5年経過後に売却することも可能です。